いろんなところに いきたいんじゃけ

いろんなところに いきたいんじゃけ

広島から日本中、世界中へ旅するみいちゃんの旅ログです。

✈︎PRAHA④ カレル橋を渡りプラハ城へ

プラハ編  12/31 プラハ2日目。

 

ホテルでの朝ごはんはアメリカンブレックファースト。普通においしく食べれたので、食事難民になる可能性はなくなり安心◎

 

昨日とほぼ同じルートで旧市街地ぬけてプラハ城へ向かいました。

 

f:id:penguin_tulip:20180603233417j:image

晴れた!!青い空うれしい。どこで写真撮っても絵になります。


f:id:penguin_tulip:20180603233405j:image

左の建築はキュビズム建築らしい。カクカク。

キュビズムとは20世紀はじめにピカソが考え出した絵画の技法。この技法を建築に取り入れたのはチェコだけで、世界では他に見られない特別な建物。


f:id:penguin_tulip:20180603233401j:image

滞在中、一度は食べたかったチェコの伝統的なおかし、トゥルデルニークを食べることに。「おいしい!」「何個もたべました!」っていうの他の人の旅行記を見てたので期待大でした◎

 

トゥルデルニークはサクサクの筒状のパンみたいな?パイみたいなものに、お好みで砂糖や、チョコレートと何種類かのバリエーションから味を選べます。私はいちごジャムを選んだよ。


f:id:penguin_tulip:20180603233352j:image

思ったよりおおきい〜〜!これが食べるの難しくって、気付いたら下からいちごジャムがぽたぽたと。。。盛大に食べこぼしました。(;ω;)

ウェットティッシュ持っててよかった。

(あとシミ抜きも携帯してます食べるの下手なので笑)

トゥルデルニークの悲劇。

これから食べられる方は気をつけてね。

おいしかったけど、結構甘かったからひとつで十分かな。お店によって違いもあるみたいだから、甘いの好きなひとは食べ比べたりしても楽しいかもしれません◎

 

f:id:penguin_tulip:20180603233356j:image

朝のクリスマスマーケット

 

f:id:penguin_tulip:20180610132135j:image

2本の塔が目を引く建物は、旧市街地にて圧倒的な存在感を放つティーン教会。入り口が少しわかりにくくて一周まわってやっと入り口をみつけました。ショップやレストランの間の細い道を抜けていかなきゃいけなかったみたい。ちょうど日曜日の午前中で、ミサをしてました。キリスト教徒ではないので見学だけさせてもらったけど、賛美歌の美しさに感動。。。


f:id:penguin_tulip:20180603233409j:image

旧市庁舎塔の下にある天文時計。修理中でしたがこの時計の前は観光客でいっぱい!!みんな毎時ちょうどに動き出す仕方がお目当てです。

 

f:id:penguin_tulip:20180610132129j:image

普通の時計じゃなくて1年に1周回ったり、1日に1目盛進んだりする時計なんだって。


f:id:penguin_tulip:20180603233339j:image

歩いていると何度も出くわしたクリスマスマーケット。


f:id:penguin_tulip:20180603233413j:image

ここでキャンドルを灯したら熱の力?でくるくるまわるツリーを買いました。はやく日本でも飾りたいな。

 

 

 

 

 

カレル橋を渡ってプラハ城に向かいます。


f:id:penguin_tulip:20180603233324j:image

カレル橋の入り口にある、旧市街橋塔。1357年着工、25年の歳月を経て完成した塔らしい。ちなみにカレル橋は1357年から60年かけて完成なんだって!ひー

細い階段をひたすらぐるぐる登って、てっぺんを目指します。当たり前だけど階段しかないし、登るのは思ったより大変でした。三半規管弱いと目まわるまわる。


f:id:penguin_tulip:20180603233348j:image

市街地側の景色。

朱色の屋根がなんともいえぬノスタルジックなかわいさ。

 

 

f:id:penguin_tulip:20180603233330j:image

そしてカレル橋、プラハ城側の景色。

これぞ、プラハ。ああ、プラハに来たんだ。と実感できる景色。

ずっとみていたいけど、塔の上の通路はすれ違うのも難しいほど、狭い!そして人もどんどんやってくるので、一周さくっとまわったら退散です。

 

カレル橋には30体(!)の聖人像があります。f:id:penguin_tulip:20180603233319j:image

ヤン・ネポムツキー像。この像の下に、触ると幸運が訪れるといわれるパワースポットがあって世界中の女子たちが群がっていました。パワースポットに我先にと手を伸ばす女子たちの姿は日本のそれと何ら変わらなくって、世界中どこであっても女子は女子であると感じた瞬間でした。にっこにこキャーキャーしてる女子(年齢国籍問わず)の興奮した雰囲気忘れられない(もちろんわたしも触っておいた)

 

 

橋を渡ると、マラーストラナ地区に入ります。18世紀からほとんど変わらない街並みなんだって。


f:id:penguin_tulip:20180603233812j:image

橋の下のほうで、路上ライブしてました。路上でチェロ生演奏とか素敵か!


f:id:penguin_tulip:20180603233835j:image

ここの街の雰囲気、女子をときめかせる要素ありすぎます。さりげなく写り込んだ洒落た写真を撮りたかったものの、そんな芸当できず、、、なんだこのポーズ。。。

 

少し裏路地に入るとあるのがジョンレノンの壁。
f:id:penguin_tulip:20180603233737j:image

ジョンレノンの死後、誰かがメッセージを描いたのがきっかけで、平和を願う気持ちや彼に関することばがいまも書き連ねられているアートな壁らしい。

f:id:penguin_tulip:20180603233821j:image

ミーハーなのでもちろん撮ってもらった。

300年以上変わらない街並みのなかにここがあるのも違和感ちょっとあるけど、これはまさにインスタ映えですね。ラブアンドピース、インスタ映えに敗れたり。

 


f:id:penguin_tulip:20180603233752j:image

続いてマラーストラナの聖ミクラーシュ教会。(同じ名前の教会が旧市街地にもある)

ここでは観光という名の座って休憩タイム。笑


f:id:penguin_tulip:20180603233747j:image

丸天井の1番高いところは高さ57mもあるらしく、目を凝らしても全然みえない。


f:id:penguin_tulip:20180603233851j:image

教会の前はマラーストラナ広場。ペストの終焉を記念して建てられたペストの円柱がまんなかに立ってます。世界史だいっっっきらいだったわたしでも覚えてる、ペスト。映画とかにもワードは時々出てくるから覚えてただけかな。

 

f:id:penguin_tulip:20180603233803j:image

チョコレートショップやマリオネットのお店とかスタバチェコ1号店とかを覗きながら、ずんずん歩いていきます。雑貨屋で陶器のオーナメントも買ったよ。帰りの飛行機で割れてまっぷたつになってたけどね( ̄▽ ̄) 旅先のお買い物は、また出会えるかわからないからホント一期一会の大切さを感じます (オーナメントがんばって直そう)

 

f:id:penguin_tulip:20180610132105j:image

ずっと坂でした。スニーカーで正解。

ラストののぼり坂を越えると、眼下に美しいプラハの街並みが。。


f:id:penguin_tulip:20180603233825j:image

この景色を眺めながらコーヒーを飲めるスタバもありました。世界中の素晴らしい景色と共にあらんスターバックス

 

やっとこさついたプラハ城。


f:id:penguin_tulip:20180603233807j:image

衛兵さんが2人で門を守っています。


f:id:penguin_tulip:20180603233847j:image

プラハ城観光の前に、目の前のフラッチャニ広場のマーケットで一杯 ♪


f:id:penguin_tulip:20180603233839j:image

黒ビールオンリーでしたが、ここの黒ビールが今回の旅で1番おいしかった気がする。でも種類がわからない。。坂をのぼりきった達成感からくるおいしさだったのかも、、、?


f:id:penguin_tulip:20180603233756j:image

チキンの串焼き。焼き鳥ですね。これも冷たかったけどおいしい。

 

 

プラハ城に入るのには行列ができていました。荷物検査とか金属探知機とか厳しかったけど、テロこわいしその方がこちらとしても安心できる

f:id:penguin_tulip:20180604093745j:image

なかに入るとまず目に入るのが、聖ヴィート大聖堂

ここにはミュシャの有名なステンドグラスがあって、かなり並んでました。私たちも並んでいよいよ中に!!というところで、周りの人たちはみんなチケットのようなものを持っているのに気付く。しかし周りに券売機のようなものはない。どゆこと!と焦って調べるとプラハ城の敷地内に入るのはフリーだけど、施設を巡ろうと思ったらチケットが必要とのこと。。。そりゃただで見せてもらおうなんて思ってないしチケット買うつもりだったけど、今通ってきた道にチケット売ってるとこも看板もなかったじゃないか!!がーーん。聖ヴィート教会の悲劇です。。チケット売り場はあとから探したら、近くにちゃんとあって、そこでプラハ城の中にある教会、かわいいショップやギャラリー街、牢獄等に入れるチケットが何種類か売ってました。

 

チケット買ってからならび直す手もあったけど、行列にもう一度並ぶ元気はなく、チケットなくても見れるとこだけみて聖ヴィート教会は終了。教会内には入れたのがせめてもの救いでした。


f:id:penguin_tulip:20180604093232j:image

今まで見た教会とは一味違う厳かな雰囲気。


f:id:penguin_tulip:20180604093258j:image

唯一ちゃんと見れたステンドグラス。こういったステンドグラスが奥にいくつもあるらしい。みたかったーー。笑

 

気を取り直してチケットを購入し、プラハ城内を散策します。

旧王宮や別の教会もあったけど、写真禁止だったのか、写真とってないみたい。


f:id:penguin_tulip:20180604093245j:image

大砲であそぶ28歳。 


f:id:penguin_tulip:20180604093250j:image

またまた城内で見つけたクリスマスマーケットで買い食い。ポテトチップスと、オープンサンド?。食べかけの写真ですみません。ドイツパンみたいなのに、カチョカバロみたいなチーズがのって、その上にはラズベリーソース。この日本じゃなかなかない組み合わせがかなりおいしくて気に入った◎


f:id:penguin_tulip:20180604093302j:image

これまたプラハ城の中にある黄金小道。カラフルな小さな家々のなかにお店やギャラリーがたくさんありました。1597年にできたものなんだって!

 

作家のカフカが仕事場にしてたところもあったよ。ブックマーク専門店のコロス・アルケミストでゴーレムのブックマークげっと。それにしても日本語で読んだら物騒な店名だぜ。


f:id:penguin_tulip:20180604093254j:image

お店の前の石畳に、キラキラの星のスパンコール?がたくさん散らばってた。ときめき〜


f:id:penguin_tulip:20180604093236j:image

鎧や盾がこれでもかと展示してあった甲冑ギャラリーも。夜になったら動きそうでこわっ

 

f:id:penguin_tulip:20180610132033j:image

中世の牢獄、ダリポルカ

地下の狭い空間に降りていけるんだけど、係員みたいな人は基本いないので人が入りすぎてしまったのか「too many people!!!!!!!too many people!!!!!!」(だからまだ入ってくんなの意。)って怒号で知らせる人がいて、地下の牢獄で何が起こってるかわからない私は内心ドッキドキでした。結局ただ人が多かっただけだけど。

拷問や処刑器具が当時のままたくさん展示してあって骨もあって、ぞくっとした

この写真の骨は本物なのかな、きっと本物だと思う。ひいっ 

 

 

f:id:penguin_tulip:20180604093221j:image

ブロンズ像の股間を触る女の人。触られまくってキラキラキラキラ。わたしも触っとけばよかった。幽霊の類は下ネタが苦手だという都市伝説にあやかるわけじゃないけど、牢獄のあとのキラキラは、気持ちが切り替わっていい感じです。

 

 

 

 

そしてプラハ城の城壁から一歩外に出たときの、そこから見下ろすプラハの街の美しさ、、、

f:id:penguin_tulip:20180604224910j:image

歩き回って溜まった疲労も景色みたらふっとんだ。


f:id:penguin_tulip:20180604225939j:image

世界中の若者が、自撮りに夢中だった。めっちゃ危険なとこ登ってポーズキメるやん。そして絵になるやん。いいな。普通にかっこよかった。


f:id:penguin_tulip:20180604093228j:image

そんなイカした奴らを横目にシードルの写真を撮るわたし。ちょうど欧米青年がシードルにぴったり被ってしまって、oh sorry 言われたけど、こっちこそ何でもないシードルの写真をこんなとこで撮って気を遣わせてしまってoh sorryやで。

 

 

そして下山。。

 

f:id:penguin_tulip:20180604230129j:image

あーきれい。プラハ城から見下ろす街並みも、モルダウ川のむこうからみるプラハ城とカレル橋の景色も、本当にわたしはずっとみてられる。

 


f:id:penguin_tulip:20180604230234j:image

夕焼けも美しい。


f:id:penguin_tulip:20180604230204j:image


f:id:penguin_tulip:20180604230248j:image

ニューイヤーを祝う花火とか爆竹がこのくらいから(まだ17:00よ)あがりはじめてて、そのたびに水鳥が一斉にとびたつ。これから深夜まで何回も爆音に驚かなきゃいけないのは大変だなと水鳥に同情しつつも、一斉に飛び立つ様は見事でついつい見入ってしまいました。

 

ニューイヤー迎えた瞬間はどうなってたんだろうか



 

 


f:id:penguin_tulip:20180604230149j:image

夕刻のプラハ城、美しいなー。

 

 

長くなりそうなので、このへんでいったん終了です。次回はチェコの居酒屋ホスポダ巡りとハッピーニューイヤー編です◎おたのしみに〜

 

アホイ!



 

 

✈︎PRAHA③ 憧れのプラハ到着!1日め

プラハ旅2日目、12月30日のおはなし。

○飛行機で出会ったおじいちゃん

チェコ料理のレストラン

○クリスマスマーケット

○夜のプラハ

○余談

とだらだら綴っています。。

 

 

8:55 ドバイ発 → 12:40 プラハ着のエミレーツ航空

 

やっとやっと乗り込んだプラハ行きの飛行機。一緒に飛行機に乗る欧米人の人たちを見て、この人たちの半分くらいは私の憧れるチェコの人なのか!?と思うだけでどきどきして、嬉しさや期待、そして緊張がぐるぐる混ざった不思議な気分。

 

日本人から見て、韓国人中国人ってなんとなくわかるけど、それ以外の欧米人をはじめとした外国人をみても、全然どこの国のひとなのかわからない。きっとあちらからしたら日本も韓国も中国もおんなじに見えるし、旅先でニイハオ言われるのも納得だよね。でも今回の旅では何度か日本人扱いされたけど、どこでわかったんだろう。やっぱり出っ歯かな 。笑

 

f:id:penguin_tulip:20180513094302j:image

プラハ上空を飛んでることがもう既に嬉しい。このとき既に家を出て35時間。本当に長旅でした。。。


もう少しで着陸っていう頃にこの本で簡単なチェコ語をおさらいしてると、となりのおじいちゃんがニコニコして話しかけてくれました。

旅の指さし会話帳 36チェコ (ここ以外のどこかへ!)

旅の指さし会話帳 36チェコ (ここ以外のどこかへ!)

 

 

f:id:penguin_tulip:20180602221751j:image

こういったページをみて基本的な挨拶を指差ししながら、発音を教えてくれました◎へたっぴな私に何回も教えてくれる優しいおじいちゃん。わたしの英語が拙すぎるので、全然おはなしは成立せんかったけど、オーストラリアからチェコのおうちに帰る途中だっていうことと、日本から来たんだよってことだけ通じ合えました。

もう少し早い時間からお話できていて、私がもうちょっと口下手じゃなかったら、記念に写真とったり、自宅にお呼ばれしたりするイベントが発生するんだろうななんて妄想を繰り広げながらも、そこまで仲良くなることはもちろんありませんでした。チャラリー

 

旅先で英語しゃべりたい!現地の人と仲良くなりたい!って海外行くたびに思うけど、まずその前に母国語であってもおしゃべりは下手だし、人とすぐ打ち解けるのは難しいんだから、そこ変えないとどうにもならんよなーー。

 

そんな感じなので、このプラハ旅これから先、現地の人とここまで会話する場面はもうありませんでした/(^o^)\指差し会話帳の役目は到着前に終了/(^o^)\オワタ

 

ちなみに観光地やホテルではほぼ英語で必要なことを単語で伝えられたら余裕で過ごせます◎

 

f:id:penguin_tulip:20180513094419j:image

そうこうしているうちにヴァーツラフ・ハヴェルプラハ国際空港に到着。長い名前は初代大統領の名前が由来とのこと。

f:id:penguin_tulip:20180513094437j:image

お天気は曇り〜。ヨーロッパの冬、怯えて対策ばっちりだったけど、運が良かったのか思ってたより寒くなかった。ちなみに服装は靴下、ヒートテックレギンス、ウールパンツ、ヒートテック、ニット、ウルトラライトダウン、ウールコート、マフラー、手袋という完全防備。カイロも貼って、イヤマフもつけてたけどさすがにやりすぎなので途中でやめました。イヤーマフはじめて使ったけど、音聞こえなくて会話もできんしいらないー。スノーブーツまで用意しそうになったけど、雪降ってなかったしスニーカーで十分でした。街中のひとはブーツが多かったよ。

 

f:id:penguin_tulip:20180513094453j:image

都心部までは直行バスのエアポートエクスプレスで30分です。チケットは車内でも空港のカウンターでも買えたけど、空港でもカード使えず現金だせって言われたので注意です。

 

30分間ずっと外ながめていましたが、郊外の一軒家のどの扉にもリースが飾られてて、ヨーロッパの雰囲気を感じました。チェコのお家はきらびやかだったり豪華なわけじゃない。だけどリースがきちんと飾ってある。ここではそれが当たり前なんだなあ、と。バスからだったので写真とれなかったのが残念です。

 

そしてプラハ本駅2階のバスターミナルに到着。(プラハの広島駅だよ)石畳の洗礼を受けながら、スーツケース転がして今回お世話になるホテルへと歩きました。

 

ホテルは987 design prague hotel。駅から徒歩5分の好立地。市街地までも徒歩10分でいけます。モダンでおしゃれなホテル◎

f:id:penguin_tulip:20180528000524j:image

987 デザイン プラハ ホテル(プラハ)– 2018年 最新料金

私としたことが内装を完全に撮り忘れてた。ミス。

 

少し休憩して一息ついたら、さっそく出発です。新婚旅行でのつめつめスケジュールで体調を崩した経験を活かして今回は特に細かいタイムスケジュールはなし。

おなかがすいていたので、プラハの街なみを探索しながらレストランを探すことにしました。

 

f:id:penguin_tulip:20180527235010j:image

プラハには登って景観を眺められる塔がいくつかあるんだけど、その中の1つである火薬塔。黒壁のゴシック様式、高さ65m。このとき時間も遅かったし、この旅唯一の小雨が降ってたのでよくわからなかった。

翌日明るいところでみたらこんな感じでした。f:id:penguin_tulip:20180601214657j:image

となりの豪華な建物は市民会館。ミュシャの天井絵が有名らしい。こっちの写真の方が塔はよくわかるかな?
f:id:penguin_tulip:20180601214651j:image

塔の写真って難しいね。さきっちょ入ってない。

 

 

ガイドブックで市民会館の地下に名物チェコ料理が食べれるお店があるのを見つけてそこにいってみることにしました。

f:id:penguin_tulip:20180527234946j:image

1912年創業(100年以上前!)のプルゼニュスカー・レスタウラツェ。席は空いてたけどウエイターさんが少なくて、入り口で少しモタモタしながら待ってたら席に案内してくれました。行ってないけど隣に小さなバーもあった気がする。ガイドブックに大きく載ってるだけあって観光客が次から次へときてました。



f:id:penguin_tulip:20180527234950j:image

黄金ピルスナービールの元祖、ピルスナーウルケルで乾杯!チェコ語ではナ・ズドラヴィー!(1回も言ってない)

 

チェコのビール本当に飲みやすくて美味しかったです◎普段そんなに飲まないわたしでも、ずっとビール飲んでたよ(^ν^)ビール大国チェコ。ジュースや水よりビールが安いっ!ジョッキもまるっこくてかわいいっす。


f:id:penguin_tulip:20180528000349j:image

牛フィレ肉のクリームソース(多分)

これは飛行機のおじいちゃんにチェコ料理のたくさんのったページを見せて、おすすめおしえてって言ったときに教えてくれたメニューで、これだけは絶対に食べなきゃって思ってたもの。

東京のチェコ料理屋で、わたしの憧れの佐々木茜ちゃんがおんなじような料理たべてたから嬉しい。佐々木茜ちゃんだいすき。尊い

madder madder – マダマダ | 佐々木 茜 | ちょっとチェコまで

 

おっと関係ない話をはさんでしまいましたが、クリーム煮は結構おいしかったです。でも食べ進めるうちに、なんだろう食べたことのあるこの味、、、生地とソースとマヨネーズのマリアージュ、、、クリーミーな、、、そうみんな大好き「たこやき」の味でした。これは独断と偏見ではなく、旦那さんも驚きの完全同意見。私たち味音痴じゃないよ。でもおいしかったのはほんとだよ。

 

f:id:penguin_tulip:20180602234741j:image

これは牛タンのなんとか。

 

 

 

食べ終えると今度はクリスマスマーケットにいくことに。プラハのクリスマスマーケットは、旧市街地広場でやっています。街中には観光客向けのクラシックカーや馬車がたくさんいました。乗ってみたいなーの気持ちはあったけど、なんだか怖かったのでチラ見のみ。外国人からみた人力車ってこんな感じなのかなあー。こういうとこでもコミュ力さえあればいけるのに。笑   写真なし。

 

市民会館から旧市街地まで伸びる石畳の道を歩きながら、マリオネットやクルテクグッズのお店や、目に入ってくるお土産屋さんの店内をいちいち覗き込んだりしながら浮き足立って歩いていると、周りを歩く人もどんどん増えてきて、いよいよ広場につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わーーーーーーーーーーー
f:id:penguin_tulip:20180527234839j:image

これが本物のクリスマスマーケットか!!!!!

わっみて!!写真写真!!

わっあっちも気になるこっちも気になる!!

どうしようどこいこう、と落ち着き皆無。

 

 

 

キラキラキラキラ

(カメラの設定をキラキラのまま撮ってたのでキラキラ写真が続きます)
f:id:penguin_tulip:20180527234959j:image

 

キラキラキラキラ
f:id:penguin_tulip:20180527234937j:image

 

ロバ?もいた。背中がキラキラキラキラ
f:id:penguin_tulip:20180527234941j:image

 

ホットワインもキラキラキラキラ
f:id:penguin_tulip:20180527234843j:image

スパイス効いてておいしい〜あったまる〜。ホットワイン苦手だったはずなのにおかしいな。

 

f:id:penguin_tulip:20180527235004j:image

ホットワインを飲みながらクリスマスマーケットをぼーっと眺めてしあわせを噛みしめる。。世界中の人に混ざってホットワイン飲んでる非日常感。観光地だからかチェコ人に混ざってというより、世界中の人に混ざってって言ったほうがしっくりくる状況でした。本当のところはわからない。

 

f:id:penguin_tulip:20180601223508j:image

ステージでは色々やってたみたいだけどチェコ語わからない、でも何もかも楽しい。


f:id:penguin_tulip:20180601223518j:image

クリスマスツリーはこんな感じ。

本場クリスマスマーケットにケチつけるわけじゃないけど、思ってたより派手でわかりやすい装飾だなーと。(何様!)

 

 

本場のクリスマスマーケットにいってみて(ドイツはもっと規模もすごいんだろうけど)「昔からずっとこの季節のこの街にあって、ここに住んでいる人たちに馴染んでる」ってこと以外は、学生時代よく行ってた大阪の新梅田シティのクリスマスマーケットでもかなりの再現率だったんだなーと思いました。なんなら大阪のほうは、サンタクロースもいた気がするし豪華なのか?(笑)

 

関西在住で、クリスマスマーケットに興味ある人はまだ先だけど、今年いってみてね。

新梅田シティ クリスマス2017 | 新梅田シティ

東京はもっと本格的で洒落てるのありそう。

 

 

 

 

クリスマスマーケットを楽しんだあとは夜のプラハ城をみにおさんぽです。このときは、もうすっかり大阪のことなんて忘れてた。いま自分の足がずっとずっと憧れてた景色をめざして歩いてるなんて実感は全くなかったなあ。だってそんなのゆめみたいじゃん。

 

旧市街地から10分、20分歩いたかな、、?市街地からヴァルタヴァ川を挟んだ向こう岸、そこにプラハ城はありました。

 

 

 

 

憧れの、カレル橋。

f:id:penguin_tulip:20180528000305j:image

 

 

 

 

そしてプラハ城。
f:id:penguin_tulip:20180528000312j:image

 

 

 

 

 

遠方の夜景をきれいに撮影する術がわたしにはなかったから、こんな写真しかないけれど、本当に、本当に、美しかった。

 

やっと来たんだな、本当に来れたんだなっていう事実を自分でも受け止めきれず、ずっとずっと目の前に広がる景色を見つめてました。(旦那さんに呆れられないようにだけ気にかけながらね、笑)

 

心のシャッターを押しまくりました。10000枚くらいは撮ったぜ。

 

永遠にいようと思えばいれたけど翌日はプラハ城に登る予定だったので、ときめく気持ちを抑えながら帰路へ。そういえばこのとき眺めてた場所にあった船上レストラン、そこからの眺めも最高なんだろうなあー。いつか行きたい。

 

 

 

 

 

帰り道も相変わらずキラキラキラキラ

f:id:penguin_tulip:20180528000318j:image

この赤いのは街中走ってるトラム。(広島の市電)

乗りたかったんだけど、タイミングがことごとく悪くて乗れなかった。。チケットも買えるところが限られてるので乗ろうと思ってる方は要事前調査です。


f:id:penguin_tulip:20180528000323j:image

雨も上がってさらにキラキラキラキラな夜道でした。

 

1日目はこんな感じでおしまいです。ここまで読んでくださってる人がいるなら本当にありがとう。

この先2日目もプラハ城散策に有名ホスポダ(居酒屋)めぐり、カウントダウンと盛りだくさんだよーー。お楽しみに(^ν^)

 

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡

 

それではここから余談を3つ。

 

<余談1WIFI>

WIFIは色々調べたなかで、このとき1番安かったのがトラベルコ経由のワイホーで6日間で2370円。やっすーい!チェコ1ヶ国対応のギガ数少ないものより、ヨーロッパ周遊のギガ数多いやつの方が多い罠。数千円違って目を疑ったほど。余計な出費抑えたい人は色々検索してみたらいいかもです◎

 

 

<余談2スタメナ-我が祖国より モルダウ>

プラハ城のほとりのヴァルタヴァ川。実は小学校か中学校の音楽で習ったあの川なんです。0:40〜聴いたらわかるはず。プラハの街並みもついでに見れます。

クラシック名曲 スメタナ 「モルダウ」 Smetana - Moldau .wmv - YouTube

くぅ〜〜なんだか胸が締め付けられる音楽だ。

 

 

<余談3お湯が欲しい>

アメリカ旅行のときに食事ができず2kg痩せた経験を活かし、今回はカップ麺(年越しそば)やフリーズドライの雑炊を多めに持って行きました。が!日本では安いビジネスホテルでも必ずある湯沸かしポットが、今回泊まった部屋にはありませんでした。調べたらホテルによってはある場合もあるけど、海外ではないところも多いそう。。。日本の常識、通用せずカルチャーショック!でもまあこれはしょうがないよね。欲しい時は、ホテルのバーとかで言ったらくれると思うけど今回は食事がとれていたので、全部持って帰って成田のホテルで年明けそばしましたとさ。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

それではアホイ(^ν^)

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

 

 

<<もっと余談>>

2つ前の記事に書いてたプラハ城をバックにプロポーズ、お願いしてやってもらってしまった。このとき既に入籍して1年半でしたが茶番に付き合ってくれる旦那さんに感謝。ありがとーかずくん。へへっ

 

 

 

 

✈︎PRAHA② 広島〜成田〜ドバイ国際空港へ

プラハ編  今回の内容はこの3つ。

 

 

11:20広島発→12:40成田着の春秋航空でいきました。荷物が大きいので高いプランだったけど、それでもANAJALと比べるとかなり安いっ。LCC様様です◎

f:id:penguin_tulip:20180322204203j:image

↑窓から飛行機の影がくっきり見えた♡

 

飛行機からの眺めが大好きで、雲とか星とか地形とか延々に見れるんだけど、今回の旅行で窓側すわれたのは広島⇄成田間だけだったので少し残念。でも長時間フライトだとトイレに近いほうが安心できるっていう考え方もあるよね。

 

唯一窓側に触れた広島⇄成田間では、成田周辺での関東平野がぐーーーんと広がってる景色が、普段みている山地とは全然ちがって、新鮮でずっとみていられました。新千歳くらいまでいくと、平野のおもしろさに加えて、樹木の種類も違ってくるからもっとおもしろい。

 

 

成田空港で食事や買い物を済ませても、夜のフライトまで時間がたっぷりあるので、成田ビューホテルにある温泉「美湯」に行くことに。ホテルまでは無料のシャトルバスが出ているので楽チンです。

 

海外旅行前の温泉は最高の一言!

露天風呂からは成田空港から飛び立つ飛行機も見えて「いよいよプラハに行けるんだな」と改めて噛みしめる時間となりました。何よりも「インフルエンザかからなくてよかった〜〜」とこのとき初めて心の底から安心できました。冬の長期旅行の最大の敵、インフルエンザ。いまのところ全勝だけど毎年恐怖で仕方ないです。

 

温泉より良かったかもしれないのが、温泉のすぐ隣にある無料休憩所です。

f:id:penguin_tulip:20180322204236j:image
鉄腕ダッシュ年末SPをみる旦那さん。2人そろってだいすきな鉄腕ダッシュももう平穏な気持ちで見れなくなると思うと悲しい。。。(;o;)日曜の夜は美味しいご飯つくってダッシュとイッテQみながら軽く晩酌するに限るよね。(余談)

 

休憩所には人もそこまでおらず(年末の夕方だからかな?)、長い空き時間をのんびり過ごすことができました。基本的にぐーたら夫婦なので、この休憩所の居心地がよすぎて、プラハ行かなくてもしあわせなんじゃないかと一瞬頭をよぎったのは秘密です。


そんな邪念は捨てて成田空港までシャトルバスで戻り(利用者は私たちだけだった)、いよいよ22:00成田発の飛行機で出発です。

今回の飛行機はエミレーツ航空エアバスA380 。 

f:id:penguin_tulip:20180511172948j:image

(ドバイ国際空港にて)

2階建てでめちゃ大きい飛行機で、私たちはもちろんエコノミーだけど、階の違うビジネス、ファーストクラスはシャワーとかラウンジあったりしてすっごいらしい。

まるでホテル!!エミレーツ航空のエアバスA380がすごい!! - NAVER まとめ

 

f:id:penguin_tulip:20180511173003j:image

CAさんはオリエンタルな雰囲気で、めちゃかわ♡ドバイ空港でのオリジナルグッズも充実してたから、ついつい買いそうになりましたが、今回はチェコ旅なので我慢。モニターも大きくて綺麗で機内エンターテインメントも充実してたので映画もしっかり見れました◎帰りの便では日本語恋しくてドラえもん見ちゃった(*゚∀゚*)あと『3月のライオン』で将棋と和服を堪能して、、どんだけ日本が恋しかったのか笑

 

f:id:penguin_tulip:20180511173103j:image

飛行機の天井にはプラネタリウムが!

到着時間に合わせてだったかな?暗くなったり明るくなったり、夕焼け色になったりして癒されました。

機内wifiも無料で少し使えます◎でも確か中国の上を通ってるときは機内wifi使えなかったような。。。日本からドバイ行くのって中国の上空を飛行してる時間がかなり長いので、気付いたらドバイ到着でほとんど使えませんでした。笑

 

4:55 乗り継ぎ先のドバイ空港についた頃には既にかなりの長旅で、ふたりともふらふら。私はよく旅行中気分悪くなるけど、旦那さんが体調悪くなるのは珍しかった。でも結果ただの空腹とエネルギー不足でした)^o^( 行きの機内食あんまり食べれなかったからなー。お店はたくさんあったけど、見慣れた食べ慣れたマクドナルドに行って休憩すると元気回復しました◎安心感がいちばんの薬です。笑

f:id:penguin_tulip:20180511192131j:image

せっかくなので私はUAE限定メニューのマックアラビアを選びました。ハンバーガーよりはピタパンに近い?チキンとレタスが入ってて、ハンバーガーより断然あっさりでおいしかったです。もし日本の朝マックにあったら頼むのにな(⌒▽⌒)

 

空港内の早朝マクドナルド、うなだれる乗り継ぎ待ちをする世界各国の人々で埋め尽くされてました。例外なく私たちもしばらくうなだれたけど、うなだれるならあちこちにある寝そべれるベンチの方が快適だったかも。

 

 

時間に余裕があれば空港1回出たかったけど、今回は4時間という微妙な時間だったので、出る勇気はなく、、免税店もあったけどレートが全然良くなかったのでスルー。うろちょろしているとドバイの名所、バージュカリファ(ブルジュハリファ)も見つけれました。

f:id:penguin_tulip:20180511193955j:image

中央右の高いやつ。世界一高い超高層ビル。驚異の206階建です。下からてっぺんまでエレベーターどれくらいかかるんだろう。旦那さんの妹夫婦がちょうど同じ時期に新婚旅行でドバイにいってたので、見せてもらったバージュカリファでのカウントダウンの動画は、レーザーショーでおしゃれな感じでした◎ 人混みもめっちゃすごかったらしい。

 

f:id:penguin_tulip:20180511195640j:image

そんなこんなで時間を潰し、ドバイ時間8:55。B29ゲートからプラハに向けて出発です。

 

(追記)

そういえばこの飛行機のるときに、パスポートとチケットをみせる列に並んでたら「boy」って呼ばれたの思い出した( ̄∇ ̄)パスポートみてからわたしの顔みて「girl?フフッ」って言われた。確かに人生で1番のショートカットだったし、すっぴんだったけど、けど、けど、、、( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)

 

 

 

今回はここでおしまい。次回からやっとプラハ編本編です。広島を発って35時間の旅路はどう考えても長かった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

それでは、、  Ahoj (`・ω・´)!

 

 

◎番外編◎

エミレーツ航空 機内食 

f:id:penguin_tulip:20180511203117j:image

f:id:penguin_tulip:20180511203127j:image

f:id:penguin_tulip:20180511203511j:image

おいしかったり、おいしくなかったり、ラジバンダリ

お肉のほうがあたりだったかな?

 

 

 

✈︎PRAHA① プラハに恋して

✈︎2017.12.29〜2018.1.3

 

年末年始にプラハにいってきました。

 

プラハってどこ?」ってよく聞かれたので簡単にご紹介。

 

チェコ共和国の首都。公用語チェコ語

通貨はチェココルナ(CZK)。

日本との時差はマイナス8時間。

プラハの人口は120万人(広島とおなじ!)

 

「ああ、チェコスロバキアね〜!」ってよく言われたけど、チェコスロバキアは1992年で解体されたからいまは違うんだって。

ドイツの南東(右下)、オーストリアの北(上)にあります。

 

 

f:id:penguin_tulip:20180319231331j:image

 

プラハは、ずっと憧れてた街。

恋い焦がれるってことばがしっくりくる。

訪れてからも、ときめく気持ちは募るばかりです。

 

こんなに好きになったきっかけは、高3受験期の冬季講習にいってた塾からの帰り道。広島駅の旅行代理店で海外旅行のパンフレットをもらって、帰り道で読んで夢膨らませるのがわたしにとっての現実逃避で、リフレッシュ法になっていました。

そのとき、たまたま目にして「こんなロマンチックな場所があるんだ」と思ったのが、モルダウ川を挟んで見るプラハ城の夜景。

ドイツのノイシュバンシュタイン城とか、フランスのモンサンミッシェルとか他にもヨーロッパには魅惑的な建造物はあるけれど、そのパンフレットのプラハ城には特別ときめいたのを覚えてる。

夢見がちな10代を送っていたので「ああこんなところでプロポーズされたい」とロマンス映画のような妄想をしていたものです。

 

何がわたしをそんなにときめかせたのか。

それはプラハが醸し出すノスタルジックな空気感に他ならないのではと帰国後のいまは思う。

 

大学の卒業旅行と、新婚旅行ではチャンスを逃したけど、去年の年末やっとプラハへの9年間の片想いを伝えるべく、広島を旅立ったのでした。

 

3泊6日(+成田1泊)のハードなフライトだったけど、滞在先をプラハだけに絞ったので無理なく楽しむことができました◎

 

航空会社はドバイ経由のエミレーツ航空。フライト時間が長い分1番安い経路だったような気がします。個人手配でうまくやれば費用は抑えられるし自由もきくけど検討の末、今回は気楽さと費用のバランスをとって、今回はタビックスのネット予約のツアーに。

 

予算内のプランでの選択肢はエミレーツ航空トルコ航空の2つ。トルコ航空は乗ったことあるのとイスタンブールでのテロが怖かったので、今回はエミレーツに!ドバイに降り立ってみたかったっていうのもある(笑)

 

でも旅行代理店通さないんだったら、広島とかその他の地方からプラハにいくのにはソウル経由がいちばん楽なんじゃないのかな?とか思ったり◎

プラハは韓国人に人気な観光地らしくて、ソウルからの直行便もありました。時間とか値段は調べてないからなんとも言えないけど、今回わたしたちは成田での乗り継ぎ時間が長くて持て余したから次回はこの経路も考えてみよう。

 

ざっと日程はこんなかんじ⬇︎

 

12/29  AM広島→成田 春秋航空

           成田ビューホテルの温泉でのんびり

           成田→ドバイ エミレーツ航空

12/30 ドバイ→プラハ エミレーツ航空

          プラハ散策

12/31 プラハ散策、年越し

1/1     プラハ散策

1/2     プラハ→ドバイ エミレーツ航空

1/3     ドバイ→成田 エミレーツ航空

1/4     成田→広島 春秋航空

 

後半3日は時差もあるから移動のみ。

 

次回からは、プラハの観光地のことだったり、わりとおいしかった肉中心の食事のこと、破天荒で自由すぎるプラハの年越し、かわいいお土産、マリオネットのこととか書いていく予定です。

 

f:id:penguin_tulip:20180321165001j:image

今回はここでおわり。

それではみなさん、アホイ!(チェコ語でばいばい)

 

 

 

✈︎名古屋・三重④(完) 名古屋港水族館

名古屋・三重旅、最終回はこの旅の最大の目的でもあった、名古屋港水族館編です。

 

ほんと水族館興味ない人は最後のマイワシトルネード画像だけでも見て帰ってくださいな(*´・ω・)すてきだから笑

 

名古屋駅から電車にゆられて30分。名古屋港駅にて下車すると、そこはもう名古屋港!(当たり前)

 

オレンジのボディに長年の功績を感じる南極観測船「ふじ」と、水族館横にありがちな少し寂れた食事&買い物&アミューズメント施設JETTYがお出迎えしてくれます。

f:id:penguin_tulip:20180430105628j:image

時間があれば南極観測船も見学してみたかった。

 

そしてこちらが名古屋港水族館f:id:penguin_tulip:20180430105645j:image

楽しみにしてたいきもの達に出会える喜びに、想像以上の規模の大きさが合わさって、わくわくした気分が高まります!

 

入場するとすぐに、、、

f:id:penguin_tulip:20180430105719j:image

見たかったメイン水槽!シャチの親子が堂々と泳いでいます。ステラとリンだったかな?

 

f:id:penguin_tulip:20180430105838j:image

バンドウイルカの親子もいました。赤ちゃんまだちっちゃい〜!こんなに小さい赤ちゃんはじめてみたかも♡アザラシみたいなフォルムです。お母さんにぴっとりくっついて泳いでる。

 

そしてショープール!

f:id:penguin_tulip:20180430114119j:image

ほんとに大きかった〜!フロリダのディズニーランドにこんな感じのあったよねって旦那さんと話しました。ファンタズミックしてたところ。アメリカディズニーレベルの大規模。中央には特大スクリーンもあって、ショーの映像がLIVEで映されます。

 

ここで見られるのはシャチの公開トレーニングとイルカショーです。

まずはじめにシャチの公開トレーニング!

f:id:penguin_tulip:20180430114212j:image

ただ、ただ、、このとき残念すぎることが。。。

意気込んでセンターの良い席を確保して待っていたのに、シャチの公開トレーニングはメインプールじゃなくて写真奥の小さなプールで行われるという事実。

小さくシャチが写ってるのが見えるかな?

スケジュールにもメインプールって書いてあった気がするし、アナウンスも特になかった気がするので完全に大きいとこでやると思ってたからショックでした(;o;)

シャチはがんばってたけど、せっかくそこにいるのにモニターで見るのは味気ない(;_;)

 

 

イルカショーは今度こそちゃんとメインプールでありました!

f:id:penguin_tulip:20180430114303j:image

シャチのがっかりを引きずったままだったからなのかはわからないけど、施設がすごい広いだけになんだかさみしかった(´・ω・`)

 

 

f:id:penguin_tulip:20180430114319j:image

唯一のカマイルカちゃんのベストショット。

癒される。かわいい。なかよくなりたい。。

 

 

 

f:id:penguin_tulip:20180430114720j:image

ペンギンおさんぽタイム。

こちらは温帯に住むケープペンギンちゃんたち。

 

f:id:penguin_tulip:20180430114654j:image

南極ペンギンの水槽もありました。

エンペラーペンギンがぷっかぷか何もせず浮かんでるだけの姿をはじめてみた!

 

 

f:id:penguin_tulip:20180430113745j:image

ホウボウがヒレを広げて泳ぐのを上から見られたり。きれいだな〜こんなに青いんだ

 

f:id:penguin_tulip:20180430113804j:image

これなんてお魚だったかな、、これも初めてみた!砂の中で立ち泳ぎ。

 

f:id:penguin_tulip:20180430113824j:image

トラザメの卵だったかな?なかなか名前まで記憶できません。殻が透けてたまごの中で成長する様子が見れました。いきものっておもしろいな、ふしぎだな(感想が浅くてごめんなさい笑)

 

 

おうちで海水熱帯魚を飼い始めてから、さらに気になる熱帯の海の魚たち(*´ー`*)

f:id:penguin_tulip:20180430114010j:image

ここにたくさん映ってる、デバスズメダイちゃんが好きなんです。。高知の柏島でシュノーケルしたときに見てからかわいくって仕方がない。

 

スズメダイの中でも気性が穏やかで飼いやすいお魚らしいんだけど、なかなか旦那さんにはかわいさを認めてもらえず笑、飼育はしてないけど、またシュノーケルとかで会えたらなあ(*´ー`*)サンゴとイソギンチャクも飼ってみたいけど、うちのアクアリウムは完全に旦那まかせなので動向を見守ることにしている(`・ω・´)<デバスズメダイ!デバスズメダイ

 

 

 

 

話が逸れましたが、最後に名古屋港水族館でいちばん感動した水槽&ショーがこちら。

 

黒潮大水槽でのマイワシトルネード!

f:id:penguin_tulip:20180501221300g:image

f:id:penguin_tulip:20180503234120p:imagef:id:penguin_tulip:20180503234129p:image

動画載せれないからGIF画像にしてみたけど、うまく乗せれなかったので静止画で。。

このキラキラ光ってるの、全部イワシなんだぜ。。美しすぎる。。餌を落としてイワシを誘導してる、それだけなんだけど照明や音楽も相まって、魅せられました。シルバーのボディなんて、おしゃれすぎるぜ。。

 

 

 

以上で名古屋港水族館編はおしまいです。

 

2泊3日の旅行で水族館に2つも行くなんてはじめての試みだったけど、どっちも大規模で、それぞれ力の入れどころも違ったので、とってもたのしめました♡

 

伊勢海老も名古屋めしも堪能できて満足満足◎

運転全部してくれた旦那さんにも感謝です。(わたしはずっと車酔い?で寝てたorzすまぬ)

 

 

次回からはいよいよプラハ編!もう5ヶ月経ってるので覚えてるうちに書かなくちゃ(`・ω・´)

 

お楽しみに〜

読んでくださってありがとうございました!

 

f:id:penguin_tulip:20180503234308j:image

通いつめてなかよくなりたいなあ。

 

 

✈︎名古屋・三重③ 伊勢神宮&名古屋メシ食い倒れ

2日目は伊勢神宮にお参りしたあと、名古屋に戻ってくいだおれ

 

伊勢神宮は外宮→内宮の順に回るのが基本らしいので、外宮からお参りしました。混雑はしてたけど、どっちも近くに駐車場がたくさんあったよ◎

 

外宮についたら、なんだか老若男女問わず、石に向かって手をかざしてたから真似をしてかざす。

f:id:penguin_tulip:20180429091052j:image

手をかざすとほのかにぬくもりを感じるという"三ツ石"というパワースポットらしい。

 

たしかになんだかあったかーい♡と思ったけど、ひねくれたわたしは試しにいろんなところに手をかざしてみた。どこでやってもあったかい感じがしたので、パワースポットっていうのはしあわせな思い込みなのかもしれないななんて一人で思いながも、パワーにあやかるべく三ツ石には何回も手をかざしてパワーを享受しておいた( ̄▽ ̄)

 

f:id:penguin_tulip:20180429091116j:image

お参りってなにすればいいのか結局まだまだよくわからない。

 

もうひとつのパワースポット?の亀石。

f:id:penguin_tulip:20180429091130j:image

確かに亀のかたちにみえる。

亀のかたちの岩といえば、高知でみたこっちの方がインパクトはあったなー!

f:id:penguin_tulip:20180429112410j:image

 

続いて内宮。外宮から車で10分くらい?のところにあります。あんまり写真とってないけど、、

今は手水舎があるけど、むかしはこの川で清めていたらしい。この日はとっても暑かったので、冷たいのが気持ちよかったです。

f:id:penguin_tulip:20180429202327j:image

内宮のメインの参拝するところ。f:id:penguin_tulip:20180429202340j:image

やっぱりよくわからないから、とりあえず日頃の感謝を述べてささっと去りました。笑

f:id:penguin_tulip:20180429202400j:image

神社についてはよくわからないけど、こういった神様が奉られてるところの自然はだいすき。なんだか、キャンプ場とかそこらへんの山とはまた空気や木々の雰囲気が違うよね。明治神宮みたいに都心のなかにあっても、なお澄み切った空気のなかに、まっすぐ、しっかりとそびえ立つ歴史を感じる立派な木たち。感動ものです。

 

 

 

 

お参りもそこそこに、そこからは内宮の参道にあるおはらい町とおかげ横町でぶらぶら楽しみました◎

f:id:penguin_tulip:20180429235909j:image

f:id:penguin_tulip:20180429235924j:image

赤福本店にて赤福

1皿しか赤福頼んでないのに、人数分のお茶出してくれてうれしい。

f:id:penguin_tulip:20180429091244j:image

 

豚捨にてメンチカツと牛丼。

f:id:penguin_tulip:20180429091304j:image

この牛丼おいしかった〜

お肉たくさんはいって1000えんなり!

f:id:penguin_tulip:20180429091345j:image

豚捨

食べログ豚捨

 

 

入院中のおじいちゃんに買ったおまもり。

おかげ横町オリジナルの、交通安全みたいな願掛けは特にない、ただねこがかわいいやつ。笑

f:id:penguin_tulip:20180429092045j:image

 

自分へのおみやげには、誕生日プレゼントとして一粒パールのネックレスを買ってもらいました。鳥羽湾で真珠の養殖が盛んで、いろんなところで売ってた!かわいくてうれしいな〜♡

f:id:penguin_tulip:20180429091721j:image

 

 

 

そんなこんなで観光もお買い物も済ませたので、名古屋に戻ります。

行きは渋滞つかまったけど、帰りはGoogleマップ先生の渋滞回避ルートですいすいと最短時間で名古屋まで帰れました!

ときどき「?」な道を案内されるけど、Googleマップってやっぱりすごいぜ。

 

 

 

レンタカーを返したら、ちょっくらホテルで休憩しました。旅の休憩は、なによりも大切だと思う。休憩のない旅はあとからツケがやってくるとアメリカ新婚旅行で実証済みなので、これもまたいつか書きます。笑

 

 

安くて選んだホテルが意外と老舗でいいかんじだったときのうれしさ ♡

f:id:penguin_tulip:20180430001020j:image

東京第一ホテル錦 宿泊予約【楽天トラベル】

 

 

ホテルでしばらくごろごろして、元気回復。

ここからは楽しみにしてた名古屋メシ食い倒れの旅です!(あんだけ前日にご馳走たべたけど♡)

 

 うっなり予約忘れてたのでいちばんいきたい名古屋コーチンの焼き鳥屋さんは行けなかったけど、行き当たりばったりのハシゴ酒もたのしーよね!

 

1軒目

純系名古屋コーチン 樞 栄店

f:id:penguin_tulip:20180429091738j:image

f:id:penguin_tulip:20180429091751j:image

名古屋コーチン刺身と焼き鳥

f:id:penguin_tulip:20180429091808j:image

名古屋名物が色々おいてある居酒屋。

いい感じでおいしかったけど、帰ってレシートみたらたぶん隣のテーブルの人と間違えて会計されてたみたいで、もやっとした思い出が強い( ̄▽ ̄)笑

 

 

2軒目

風来坊 錦呉服通店

f:id:penguin_tulip:20180430002034j:image

f:id:penguin_tulip:20180429091836j:image

名古屋にめっちゃあった手羽先のチェーン。歩いてたらほんと何軒もみつけた!有名なんだろうね◎手羽先ってほんとおいしい〜何本でもいける。

 

3軒目

台湾まぜそば はなび

f:id:penguin_tulip:20180429091913j:image

にんにくやっばい、超からいけど、BGMがホルモンとかマンウィズだったから、ぐいぐいいけた。(これは人によるよね笑)

全てさらけ出した旦那さんとだから平気でたべれるけど、まだ恋人同士であるならば絶対にんにく抜きにした方がいい。そんくらいにんにく感。でもそこが最高。ああおいしかった。

 

このあと外歩いてもホテル帰っても自分たちのにんにく臭に引くくらいだったよ。笑

 

 

 

めっちゃ歩いたし食べた気がしたけど、3軒目しかいってなかったのね。ひつまぶしと味噌カツはまたの機会におあずけです( ̄▽ ̄)ひつまぶしをサラッと頼めるようなリッチな大人になったらまた来よう名古屋。

 

翌日は

コンパルでモーニング名古屋の老舗の喫茶店 コンパル

f:id:penguin_tulip:20180429091932j:image

やっぱり小倉トーストは食べなきゃね

f:id:penguin_tulip:20180429092116j:image

帰りの新幹線では天むすも。

 

 

 

あーよくたべた ! 

次回、名古屋港水族館編で名古屋・三重旅は終了です◎

これおわったらプラハ書くぞ〜〜

✈︎名古屋・三重② 鳥羽水族館

名古屋からレンタカーを飛ばして鳥羽まで。

春休みの土曜日で高速が混んでいて1時間弱の渋滞でした。

 

鳥羽水族館は、日本一飼育してる種類が多い水族館らしい。トリップアドバイザーのランキングでも、沖縄の美ら海水族館と、私の大好きな鴨川シーワールドに並んで上位にあるのを見てたから期待大◎でした。

 

楽しみにしていたセイウチのショー!

だけど春は繁殖の季節らしくて、ショーの代わりにセイウチお触りタイムに変更されてました。残念。

でもセイウチを触れるチャンスなんて、水族館めぐっててもなかなかあることじゃないので、ここぞとばかりに触ってきました。

感想はというと、、、

 

f:id:penguin_tulip:20180402222331j:image

でっか〜い

くっさ〜い(*゚▽゚*)

 

飼育員のお兄さんが何回もくさいですからねって言ってたけど、ほんとにくさかったです。その印象が強すぎて感触とかは忘れてしまった。。。笑

手にばっちりついた匂いは近くに設置された手洗い場で洗えばちゃーんと落ちるので、機会があればぜひぜひ触ってくださいね^^笑

 

ドクターフィッシュも普通に泳いでたから、角質たべてもらった。手いれたら寄ってくるお魚とかおらんし、寄ってくるのかわいいから飼いたいと思って調べたけど、7年の寿命のうちの2年くらいの幼魚しか角質はたべないと知り飼育は見送りに。笑

f:id:penguin_tulip:20180428234350j:image

 

そして鳥羽水族館の人魚姫、ジュゴンのセレナさん。

ちょうどごはんタイムだったみたいで、ずっと草に顔突っ込んで食べてました。笑

たまに呼吸しに海面にあがる。

f:id:penguin_tulip:20180428234503j:image

f:id:penguin_tulip:20180428234519j:image

世界で4つの水族館しか飼育されてない貴重ないきもの。だけどずっと草たべてたから写真がこんなのしかないや。笑

 

シロイルカの水槽、光の感じがずるい。

神秘的。

f:id:penguin_tulip:20180428234539j:image

 

だけど私はやっぱりシロイルカとかジュゴンみたいなゆるキャラな感じより、シュッとしたバンドウイルカとかカマイルカちゃんのほうが好きなんだな〜(わかってくれる人はいるのだろうか)

 

あとはペンギンとの距離がとっても近かったので嬉しかった^^

種類はたしかフンボルトペンギンだったような。。

f:id:penguin_tulip:20180428234413j:image

フンボルトとマゼランとケープペンギンが見分けれない。まだまだ初心者です。経験つまねば。

 

ラッコのショーもはじめてみました。

f:id:penguin_tulip:20180428234608j:image

想像してたような石で貝を割って食べる姿は見られなかったけど、石をぶつけ合うパフォーマンスとか、ラッコのジャンプとか珍しくっておもしろかった(*゚▽゚*)

2匹いたラッコちゃん年齢も性格もぜんぜんちがって、人間以外のいきものもみんな尊いひとつのいのちなんだよなーと改めて感じます。

まあでもそんな深い話をしようと思ったわけではなく、ラッコちゃんはほんとにかわいいよって話です。

 

 

 

他にも充実した水槽がたくさんあって、満足できる水族館でした◎日本一の飼育数なだけあって、ほんとなんでもいた!でも1番たのしみにしていた海獣コーナーが改装中だったので大満足とまではいかず。また10年後とかにいきたいな〜〜。

 

 

 

 

(余談)

坂口健太郎に似た飼育員のお兄さんもいました。笑

五度見くらいしてしまった。モニタリングのドッキリだったらどうしよ〜なんてかずくんと話したけど、ただ似てるイケメン飼育員さんだったみたいです( ̄▽ ̄)こんな余談で鳥羽水族館はおーわりっ。